勉強会後のミーティングにて

「鯵の握りずし」

「えっ!」「なに!」「おいしーい!!」どちらかと言うと握りは苦手な私です。

都おどり(京都)会場前のお寿司屋さんをおもいだしました。(20年前のことです。)うにが出されまして手つかずでいましたら、目先を変えて再び私の前にうにが・・・。思わず口にしたのを思い出しました。それ程川澄先生の鯵の握りが美味しかったのです。鯵の上のしょうが、ねぎ、とても美味しくなんと表現したらよろしいのでしょう。さりげない本物の職人魂なのでしょうか。