孫の中学入学によせて

浅間神社に「木花名水」があります。その名水を産湯として使用致しました。

その時の短歌です。「初孫の産湯に使いし名水は木花咲くやも浴びせしという」

小学生お受験の折の短歌「評価表に挨拶が先に出来ることと孫のお受験に意をつよくする」早いもので12年が経ちました。